かわいい子供にオシャレを!

年齢でみる子供服のサイズ

子供服を選ぶのはとても難しいです。
特に同じくらいの子供がいない人にはどのくらいのサイズか想像もつかないことがあります。
一般的に子供用の服は、赤ちゃん用と子供用に分かれていて、赤ちゃん用は年齢・身長・体重などを参考にします。
子供服は年齢・身長などを参考にすることが多いです。
ここでは一般的なサイズと年齢を紹介します。
50-70は新生児で、70は六か月、80は一歳、90は二歳、95は三歳、100は三歳から四歳、110は五歳から六歳、120は七歳から八歳、130は九歳から十歳、140は十一歳から十二歳、150は十三歳から十四歳、160・170は身長を参考にします。
上記のように大まかに年で分けることができますが、やはり個人差があります。
背の大きい子や体重の多い子などさまざまな子がいるので、あくまで参考にしてください。
またサイズで分けられていてもブランドによって少し作っている大きさが違う場合もあるので注意が必要です。

子供服には対象年齢があります

子供服は子供がいつまでも着用する事が出来る衣服ではなく、対象とされている年齢があるものです。
しかし、それはあくまでもデザイン的なものですので、サイズが合う限りはいつまでも着用をする事が出来ます。
基本的には対象年齢は一般的な子供のサイズに合わせて設定されています。
年齢が増加すると子供服を着れなくなるほどに成長していますので、我が子の成長を実感する事が出来ます。
そのような場合には子供服は不要となりますが、現在では様々な方法で処分をする事が出来ます。
昔から行われてきた方法では、兄妹などにお下がりとしてプレゼントする事です。
生地が破れたりしていない限りは着用をする事が出来ますので、下の子供が対象となる歳まで置いておく事が出来ます。
また、近所の子供がいる家庭にプレゼントをする方も多くいます。
現在では、不用品として、リサイクルショップや古着を専門に取り扱う店舗に買取をしてもらう事が出来ますので、子供が着れなくなった服の処分の方法は多くあります。

check

Last update:2016/4/19